« 101vs103 | トップページ | 101/103備忘録 »

2012/05/15

103いろいろ

forumで公開済みの101/103系について、日本語での解説(言い訳)です(^^;

103ttb.jpg

▲いや実際、某Nゲージ雑誌に作例が載っていまして、101系を作ったら、これも作らなあかんって感じで、あまりにお約束なので作ってみましたかもです。国鉄から移譲された直後の姿でモデリングしました(新塗装のダブルパンタ化された姿は非常に魅力的なのですがいろいろ面倒そうなのでパス(^^;)。ちなみに、黄(レモン)色はカナリアンイエローとは微妙に違っていますぞ。また、茶色(マルーン)の帯が渋いですが、ドアには掛かっていないものの、妻面まで回り込んでいて、縦雨樋・手摺りなんかも塗り分けられているので大変面倒くさかったですだ。なお、この人のお蔭で、秩父が全世界にちょっとだけ有名になった模様。あと、秩父絡みで、もう1つチラっと……。

103ss.jpg

▲仙石線、こちらはダブルパンタ仕様をチョイスしました。これも旧塗装ということになるようです。モデリングは、この塗装で走っていた当時の雑誌等を参照にしましたが、イマイチ自信がないので'-like'(鉄道模型でいうところの'タイプ')としておきます。海辺を走らせてみたい配色ですねっていうか、forumの画像ではそうしましたが。仙台は仕事の都合で何度か長期出張したお蔭で割と馴染みがあって、仙石線も見聞しましたが、所詮は103系(^^; 個人的には、東北本線を走っていた715系の方に興味があったりしましたかも。知る人ぞ知る715系ですぞ、私が電車に乗ろうとすると、いつも715系が来たりして、今となっては貴重な体験でしたかも。

103V.jpg

103Y.jpg

103Sky.jpg

▲色とりどり。カナリアイエローは高運転台だけど、福知山線なので非ATSです(^^; ATS積んでいないのは、この絵でも分かる人には分かるよね。もちろん、外観だけでなく車内も違えていますので、その目でご確認くださいにゃって、まだ登録しとらんが(^^;

|

« 101vs103 | トップページ | 101/103備忘録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/54713104

この記事へのトラックバック一覧です: 103いろいろ:

« 101vs103 | トップページ | 101/103備忘録 »