« ○ふざけ。 | トップページ | のと »

2012/07/24

懸垂式

他の方のネタで恐縮だけど、せっかくなのでモノレールについて:

Trainzでも、モノレールというモノはいくつか存在しますが、いずれも跨座式だったかも。で、forumで、どこかの国で懸垂式モノレールを導入するという言舌是頁を目ざとく見つけてきた人がいて、それに対する反応が「ナニコレ」とか「アリエナイ」という感じだったのが印象に残っていますだ。懸垂式は海外では珍しいのかなぁと思ってしまいますが、まあ、土地の無い日本ではメリットがありますが、合衆国やオースオラリアの人などから見れば奇異に映るんでしょうなぁ。

日本の懸垂式といえば、湘南かなぁ。昔、江ノ電に乗りに行くついでに、大船から乗ってみたりもしましたが、まあ、とにかく怖かったです。足元のすぐそこ、手の届きそうなところに、トラックの荷台やバスの屋根があったりしますからねぇ。あと、林の中を文字通り木々を掻き分けて行ったり、トンネルもなかなか面白かったと覚えていますだ。もう1つ、モノレールと言えば、大阪万博のヤツかな。これは、跨座式ですけど、何しろ珍しかったので何度も乗ったっていうか、会場の重要な交通手段だったかもです。

で、Trainzでも懸垂式モノレールを作ってみたいところですが、車輌はなんとかなっても、それだけでは済みませんからねぇ。track(軌道)も一緒に作らないと役に立たないですよね。trackにしても、ポイントはどういう仕組みにするんだとか、駅はどうするんだとか、橋脚は? 付帯設備は? と大変な騒ぎになって、ま、おいそれと手が出せないという感じです。同様にロープウェイとか磁気浮上式リニアとかも、作りたいけど無理ってヤツですわ。

|

« ○ふざけ。 | トップページ | のと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/55269446

この記事へのトラックバック一覧です: 懸垂式:

« ○ふざけ。 | トップページ | のと »