« へいめんがえる | トップページ | はんかいでんしゃ »

2012/10/10

こうはく

ちっとは涼しくなったので、久しぶりに取材に出てみました。と言っても、芸術的な写真はよう撮らんので、私がいつも撮っているのは、こんなん……

kou12-1.jpg

DD54の中間台車ですなぁ……って感じで1年ぶりの交通科学博物館です。年に一度、鉄道の日近辺に行くってわけじゃなく、なんとなくかも。以前にも書いたけど、ここ、本当に狭いので、まともな写真が撮れないです。先の台車も正面から撮ろうとすると、思いっきり柱が邪魔してくれるという。どんな感じになっているかと言うと、こんな感じ:

kou12-2.jpg

全体像を撮ろうと、敷地の外へ周ってみましたが、全然ダメですなぁ。というか、手前は一般道なので、通りすがりの人が見たら、ギョッとする光景かもね(^^;

kou12-3.jpg

DD13は辛うじて正面から撮れますが、左手に言迷の踏切が……いや、踏切も展示物で、実物を間近で見れて参考にはなるのですが。

kou12-4.jpg

気を取り直して、館内を見て周ると、売店にこんなのが売っている。以前から気になっていたのけど、これって、D51200の「墨」を実際に練り固めたモノ? D51200は、梅小路で現役ですので、墨はいくらでも量産されとるわけですが。いや、買う気はないので詳しくは訊きませんでしたけど(^^;

kou12-5.jpg

ヘッドマークいろいろ:以前は天井近くの高い位置に展示してあったんだけど、不評だったのか、少し低いところに移動しました。それでも、真正面から撮るには、身長が3mくらい必要ですが。また、黄色い照明が下手にあたっているので、色は不正確かも。「さくら」とかの文字は立体(エンボス)になっているんだけど、それの影が変についているのよねぇ。という感じで、そのままでは使えませんわな、この画像。ちなみに、「はやぶさ」の文字には鋲が打ってあるような装飾があるのね。また、右の富士は試作品で滅多に使われなかったそうな。他にも、各種銘板やサボが展示されているのですが、変な位置にあったり、ガラスケースに収納されていたりで、正面から撮ってそのままテクスチャに……とは使えないものばかりですだ。

kou12-6.jpg

というわけで、交博50周年ヘッドマークを冠したシロクニくんって、肝心のヘッドマークがトビ気味になっちゃいました、あれぇ~? なお、梅小路の方は40周年だそうで、交博梅小路もこの秋イベント盛り沢山なので、興味ある方は、それぞれのサイトを要チェックかも……注目は、C622スチーム号とかカンセンジャーとか言迷?

kou12-7.jpg

さて、本題:そんなこんなで取材するわけだけど、写真を何十枚と撮ろうと、実はあんまり役には立たないかも。取材に一番の必需品は「スケッチブック」ですな。あと、コンベックスと2Bの鉛筆ね。スケッチブックと言っても、芸術的な絵を描くんじゃなくて、各部の立体的な構造なんかを書き留めるのです。画像は梅小路で取材したD50のもので、左上が従輪、右下が担いバネとフレームの構造ですな。一部、実測した寸法が入っています。こう言った三次元的な構造は写真だけでは理解できないので、自分の目で見て自分の手で書いてみるのが重要かと。ま、通勤電車程度なら構造といっても知れていますが、SLやDLは、ここまでしないとモデリングできませんぜ、ってことで。

|

« へいめんがえる | トップページ | はんかいでんしゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/55862179

この記事へのトラックバック一覧です: こうはく:

« へいめんがえる | トップページ | はんかいでんしゃ »