カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2007/02/19

実写vsVue5

saturn_WB.bmp.jpg

▲せっかくなので宇宙にも出てみた。土星まで行けないかもだけど‥‥‥っていうか、Vue5と合成するとどうなるか取り敢えずやってみただけなのでいい加減かも(;^^)

WB_sand1.jpg

▲テキサスコロニー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/08

飛んでいます0079

S7_WB1.jpg

▲懲りずに合成写真。パースは合っていそうだけど、スケールはいい加減。ちなみに、ホワイトベースが飛んでいるのは、空力でも半重力でもなくミノフスキークラフトでですね。

WB2.jpg

▲スミ入れはしたけど汚しは掛けていません。塗装はゲームで出てくるやつを参考に渋めのテイストってやつで。本体は限りなく白に近いグレー、赤は自分で調合したけど、青は鉄道カラーのスカ色だったりするかも(笑)。鉄道カラー、結構使えます(;^^) 今度、ザクを首都圏色とかで塗ってみるか? 3倍速く動くようになりそうもないけどバキ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/02/05

ザクII

MS06J-1.jpg

▲流通センターに集う皆さん:MS-06J(HGUC)、フォッケウルフ、戦車(WTM)は、1/144なんだけど、Nゲージ(トラックや牛)だけなぜか 1/150(1/160)。1/144から見て 1/150は 4%小さいだけだから、ほとんど同じとみていいかもだけど、Nゲージもなんで 1/144にしなかったのかがいつも疑問に思うところ(某社の蒸機のように実質1/140とかもあるんで 4%くらいは誤差?)。まあ、9mmゲージから換算するとそうなるんだろうけど、なら、なんで9mm?

もっとも、その上のスケールは、航空機やミリタリー関係が 1/72、1/48、1/32となるのに対して、ガンプラは1/100(MG)、1/60(PG)、HOゲージは1/80だから、もうバラバラですな(;^^) 一方、艦船は、ホワイトベース(EXモデル)が 1/1700に対して、定番のウォーターラインが 1/700だから倍以上違う。残念ながら並べて遊ぶことは出来ないですね。ちなみに、木馬の全長は262.0mだそうで、戦艦大和(水線長 256m、全長 263m)とほぼ同じだけど、幅も高さもあるので 1/700で再現するとかなりのボリュームになりそうです(1/400っていうのは売っている)。そうそう、旅客機も忘れてはいけないけど、これがまた 1/200というスケールだから、Nゲージともガンプラとも並ばないのよねぇ(^^ゞ

MS06J-2.jpg

▲MSってデカいんだぞ~ってことで、街コレに出現。

MS06J-3.jpg

おまけ:牛と戯てみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

木馬建造中

WB1

「Side Seven」の余勢をかって、というわけじゃないですが、久しぶりにプラモにてを出してみました。最近のプラモは無茶苦茶出来がいいですねぇ。例えば、パーツの合わせ目をどう処理するかが問題なのですが、最近のはピタっと合ってしまう、というか、合わせ目が目立たない場所にくるように部品割りが考えられていますね。もちろん、部品の表面状態もよく、ヒケやパーティクルラインなども皆無です。そんな訳で、組み立てるだけなら超簡単なのですが、まあ、塗装とかもありますから、ぼちぼちと‥‥‥。

ちなみに、このホワイトベースはゲームなんかに登場するリファインされたデザインを採用していますね。やたらスマートなのはいいのだけど、これじゃ遠心重力ブロックが内蔵できないぞ~とか思ったりして。バンダイHGUCシリーズは、1年戦争時のMSもリファインされて、昔のおもちゃっぽいのと比べるとやたら格好よくなっていますからねぇ‥‥‥次は基本に戻ってザクでも作ろうかしら?

P.S.VRMレイアウトも作っていますが、完成はまだまだ先の予定。

| | コメント (3) | トラックバック (0)