カテゴリー「Trainz-catcher」の記事

2012/08/01

Trainz Driver

TD.jpg

Trainzの携帯電話版です。以前からアナウンスはあったのですが、やっと出たって感じ? いつもながらに、この手のSIMをわざわざ携帯で遊ぶ必要があるのか?と思ってしまいますが、お値段が300円しない($2.99)ので、Trainzの世界をお手軽に垣間見るにはいいかもですね。名前の通り、TrainzのDriver(運転)部分だけで、レイアウトを自分で作ることは出来ませんが、DLSのレイアウトや車輌データをダウンロードしてきて組み込むことは可能っぽいです(wi-fi経由)。ズバリ言って、私が作ったレイアウトや車輌が携帯で遊べるのなら、画期的だと言わせてもらいましょうヽ(゚ロ゜)ノ 一番の問題は、日本の携帯でもちゃんと遊べるのかって処なので、誰か人柱してみ……って感じですかも。

追記:リンク先より引用:

However, owners of the Trainz Simulator app for iPad can still create and share free content with Trainz Driver users through the Download Station. Additional content will be released over time for free download or as in-app purchases.

DLSを利用するには、iPad版を所有している必要があると読めるのだが、如何なものか? あと、興味ある方は、このページにあるユーザーコメントもご参照。いずれにしても、ご利用は自己責任で(^・^)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/29

Densha

「電車」を英語でなんというか? については、

続きを読む "Densha"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/26

続・壁

むしろこれが本題って感じでしょうが、Trainzの世界に対して、言語およびコミュニケーションの壁というのはありますかもです。先に結論を書くと、学校で習ったものなんか役に立たない、すべて身体で覚えるしかない、という感じですね。言語の壁として、以下の2つがあると思われまする:

続きを読む "続・壁"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/14

Trainz Gallery

Trainzに新しいアプリが登場しましただ。例えば、iPhone版ならこちら

これは、なかなか cool ですよ。ただ単に携帯機で Trainzのスクリーンショットが見られる、というだけのものなんですが、こういうのこそ、単純にして最大限の宣伝効果が得られるってなもんでしょう。スクリーンショットの数は、まだまだ少ないようですが、これから増えるとのことなので、こうご期待ですだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/29

デゴイチ特集

なんか、久しぶりに日本語を書くような気が……さて、VRMでデゴイチが出たそうなんで、こちらでもデゴイチ特集(?)。と言っても宣伝と誘導だけ。ちなみに、有名な(?)499も出すそうな。やーい、真似し~:_P まず、左コラムの'Screenshotz'にカタログっぽいのを作ってみました。あと、最新の動画はこれ。一応、パーフェクトのお墨付きなんぞも頂いております。

他にもありますが、googleとか Youtubeで'degoichi'を検索してもらえればいろいろ出てくるかも。全世界的には D51という'記号'より Degoichiという'名前'の方が通りがよさそうので、そう呼称しています。というか、Degoichiが辞書に載るくらいの知名度になるように頑張っているつもり。Degoichiで世界を制覇みたいな……(;^^) まあ、なんやかんやで、デゴイチって人気がありますね。閲覧数が Otaku Streetにあっという間に追いついた。近鉄ビスタカーなんて全然閲覧数が伸びないし、いやほんと(^^ゞ Degoichiの他に C55とかD52とか、もちろん、彼女らが牽引する貨車や旧客もバッチリ揃っていますよん。

もっとも、世界的に有名となると、デゴイチよりシンカンセンって感じではあるますが。一応、0系とかE5系とか800系とかの図面は入手済みでいつでも作れるのですが、さて、どうしよう……。

'Otaku Street'というのは Trainzで始めて公開してみたレイアウト(route)、動画もあります。レイアウト第2弾も近日公開予定。車輌関係については、D51はさすがに造り飽きた(ネタはまだある)ので、鹿児島や伊予鉄のリトルダンサシリーズとか、キハ22とか。ま、詳しくは例によって、Japan Threadどうぞってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/17

9月の風

ちっとは涼しくなったかもなので試合再開。しかし、気温30度でも涼しく思えるのだから、如何に暑かったのか……。サウンド関係については、私自身はそうでもないけど、forumの人たちでコダワリのある人がいるとアレかなってところ。例えば、キハ04とキハ181では全然違う音だと思うのだけど、つっこむ人もいないので、蒸機の場合も適当でいいかも。

9600、一応形は出来ているっぽいですが、現在、走行テスト中。サウンド以外にも、煙とかエンジンスペックとか燃料消費とかいろいろあって大混乱。いじればいじるほど悪くなっていくというのはありますから、適当なところで見切りをつけた方がいいかも。

なんで 9633号機かというと……何しろ蒸機を作るのは初めてなので、まずは図面通りにやってみようというのが一つ。また、9633は梅小路にある展示機で、資料本によると、比較的オリジナルを保つとあり、実際図面通りの寸法っぽいので、これを取り上げました。また、図面にない細かな部分は、梅小路でコンベックスとスケッチブック片手に徹底取材しました。そのため、無駄に正確すぎかもです(ポリ数は、偶然結果的に、マニュアル(CCG)にある程度なのでそんなに細かくはない)。

9633の現役時代の写真もちょこっとあったので一部その姿も取り入れています。違いは、予備前灯とフロントデッキの手摺りの有無ですね。例えば、予備灯は梅小路のものは取り外されていますが、取り付けベースと思われるものは残っていますのでその位置に、予備灯自身の形状と寸法は資料にあるシールド灯の図面を参照って感じでやってみました……と、ここまで書いて力尽きましたのでまた来週(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/03

サウンドクリエータ

96_0005.jpg

蒸機に限らず Trainzのサウンド関係の提案です。鉄道ファンの中には"音"にこだわる方も多いと思います。そういった方はぜひ、ご自分で録った音を加工して TrainzのAssetとして登録されては?

個人的には、音素材関係に弱かったりするんですよね。学生の頃は放送部だったりもするのですが、音を録るには機材というものが必要だし、そこまで手が回らないし。そんなわけで、拙作の車輌では出来合いの適当な音で誤魔化しているのが現状です。まあ、気動車と電車では違ったものにしていますが、電車なら電車はすべて同じ音で走っていたりします。そこで、例えば、汎用で使える VVVF走行音なんぞがあれば大変助かるってわけです。気動車なら DMH17とか。

サウンドAssetを作成されたら、DLSに登録してください。そうすれば、多くの方が使用することが出来ますから。Trainzで Assetを作るのは初めて、とか、車輌を作らず音だけでいいの、って心配は無用です。むしろ、何かの汽笛を1発だけというのが始めてのAsset作りには最適かもです。また、サウンド関係だけ作成・登録されている方もみえます。Trainzでサウンド関係は案外手薄で登録数も少ないかもですので、サウンドばっかり作って登録するってのも大いにアリかもですね。もちろん、この辺はあなたなりのコダワリでやって頂ければいいですよん。なお、サウンドAssetの作り方は、そこまで手が回らずよく分かりませんので、その辺を調べることから初めてもらうといいかもです。

なお、掲載した画像はまだまだ開発途中のものです。反対側面(海外ではそっちが公式面)がスカスカだったりキャブ内がガラガラだったり、そういえば窓ガラスもはまっていないな。Nゲージと違ってモーターやギアが入っているわけでないので、制約なく実寸通りに作れるのですが、キャブ内なんかなぁんもなくてこんなんでいいの?って感じ。あと、煙が出ていないし、テンダーのリベットとか。それと、蒸気に必要なリソースとしてはエンジンスペックと運転台があります。エンジンスペックは、これまた面倒なのですが、まあ、適当に誤魔化して作るしかないかなってところ(未着手)。運転台はTS09の仕様では、レバーやハンドルが実際に操作できたり、メーターの針が列車の状態にあわせて振れたり、などのアニメーションするんですよ。しかし、そんなものを作っていると車輌1台作る以上の時間と手間が掛かるので、出来合いのものを流用する予定です。他の電車や気動車でも運転台は適当で、むしろ客席からの展望にこだわっているというのが啓明流かも。そんな感じで、まだまだなのですが、一番の問題はこの暑さ。いい加減に涼しくなってくれんものか……(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/31

開発中の9633

96_0004.jpg

まだまだ未完成ですが、開発中の9633をちらっとだけ載せておきます。現在のポリ数は、エンジンが1万弱、テンダーが約3000、メインボギーが約7600(いずれもTrainzに取り込んだ状態で)ですから大したことないというか、ボギーに使いすぎ(^^; ちなみに配管にポリ数を使うと思うのは素人で、一番やっかいなのは煙突やドームなどそれなりの大きさがあって丸っこいパーツですね。例えば、一番の大物であるボイラーは24角柱なのに対して、細かい配管は3角柱だったり平板だったりするって感じ。また、当然ながら実車と同じ寸法、同じ構造で作っていますので、台枠構造も持っていますし、Nゲージと違って、ランボードとボイラーの間にちゃんと隙間が見えますよん(画像では分かり難いけど)。

画像はあくまで開発中のもので、たぶん大きく変わるだろうなのが全体の色調かな。黒といっても真っ黒じゃないんだけど、今回のは重厚な感じを出すために少し暗めになっていますが、もう少し明るい方がいいのかなぁって感じ。あと、汚しとツヤなんだけど、以前、VRMの車輌はピカピカすぎて実感がないとか書きましたが、いざ自分で作ってみると、あんまり汚しちゃうのもかわいそうなので、うんとお粧ししたピカピカの艶アリ塗装がいいよな、とか思っていたりします。てな感じで、この点が一番悩む問題だったりしますだ。

ちと補足:VRM3のC622はかなりいい出来だと思いますよん。こういう記事が残っていましたので、詳しくはそちらで。あと、ディテールに凝ってポリ数を上げればいいってものではないので念為。例えば、Nゲージの蒸気はじっくり見てみると、あちこち省略されまくっているのが分かります。それでも、全体的というかパッと見にはちゃんとC62ならC62の特徴ある姿が再現されていますからね。どこをカットしてどこを残すか……この辺のデフォルメのセンスが一番の問題と言っていいでしょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/08/28

夏の日の雑感

fuyu1.jpg

いろいろ書きたいことはあるんだけど、相変わらずの暑さで頭がまわりま千円。ちょっとでも涼しくなるかと雪景色のショットを置いてみましたが、却って実感が湧かず、なんだかなぁって感じ?

蒸機:作りたいものは9600の他、D50、D52、C56ってところ、図面と資料は揃っています。その前に9600だけど、作れど作れど全然終わらない状況。まあ、蒸気は作りなれていないので、先が見えずモチベが上がらないってのはありますね。涼しくなったら、もう一度梅小路に行きたいかも。

9600を作っていてまいっちゃうのは寸法。1524mmとか2908mmとか中途半端な数字ばかり。これ実は元の寸法がフィートインチだからなのですわ、というか参考にした図面の1つはフィートインチで寸法が入ってたりするので、電卓片手にmmに換算するだけでえろう疲れました。例えば、動輪径は 1245mmと書いている資料が多いけど、本当は 4フィート1インチ= 1244.6mmが正解。まあ、そんな感じでblenderで寸法入力するのが面倒くさいです。ちなみに、blenderで寸法表示は小数点以下3桁になっていますが、内部数値はそれ以下の解像度を持っていますだ(1244.6mmなら 1.2446と入力すると 表示は 1.245となるが、実際はちゃんと 1.2446になっている)。

貨車:そう言えば、今年は寅年なので『トラ』を一発作ってみないと……無蓋車にはどんなのがあるかな?とあれこれ物色して、これが作りやすそうだと思ってみると、トムとかトキだったりして、トラじゃないじゃん(笑)。ちなみに、トラ9はカゴの部分のモデリングをどうすればいいのか見当がつかないので保留かも。あと、キハ40とか52とかのリメイクとかもしたいところ。一方、ストラクチャの方はいいネタがありましぇん。

D51:Trainzでどなたかが製作中とも聞いたんだけど、どうなったんだろう。D51というと、私は戦時型が好きなんだけどなぁ、もちろん、ナメクジも忘れてはいけませんし、ギースルイジェクタという変わり種もありまっせ。ナメクジって、Nゲージでも、あることはあるけど、あまり見掛けませんよねぇ。人気がないことはないだろうけど、どうなんだろ。ちなみに、言うまでもありませんが、VRMの場合、D51があってもどうせ引っ張る貨車がないだろうけどね。

181系:キハ181の正式名称は単に『181系』というかも。11月にはラストランでっせ。VRMでリメイクされるみたいだけど、肝心の(?)キサシはどうよ? 車内のテーブルにちゃんと料理は乗っているのかとかメイドさんはいるのかとか(言迷)。

初心者:日本語ではビギナーだけど、beginnerって英語はあまり聞きません(使う人もいることはいる)。英語で初心者は noviceですね。また、forumでは最近 newbieという言葉をよく見掛けますが、これはスラングっぽいです。一方、ベテランは veteranでいいのですが、なんとなくベトナム戦争にでも行ってきたのか?ってイメージがありますね。操作に慣れているなら adept(熟練者)、なんでも知っているなら expert(エキスパート)が妥当でしょう。

forumの方では相変わらず GMAXとか PaintShedとかの話題があって、どちらもとっくの昔に終わっているのだけど、昔から使っている人は手放せないんでしょうね。そして、9月1日には TRS2006以前のサポートが終了となるのですが、はてさて……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/18

板バネ

96E002.jpg

蒸機本体はまだこんなもんです。煙突1つ作るのに1日掛かってみたり、ま、そんなペースかも。1つ書いておくと、車体中央、ボイラと台枠の間にドデカい板バネがあるんですが、これって何が何を支えているのかちと不明。9600だけでなくD51などにも同様の板バネがあるんですよねぇ。ついでにちょっと蒸機関係ギミックの備忘録:

  • sideplay-permitted 1:中間台車ご乱心せず。3軸テンダーに必要。難しい英語なのでコピペ用において置く。
  • Rotation-permitted 0:台車をレールに沿って回転させない。蒸機のメインボギーに必要。
  • direct_drive 1:サウンドとシリンダの動きを自動で同期させるっぽい。

しかし、とにかく暑いんで、モデリングもさることながら、forumの方もご無沙汰気味(拙作の蒸機関係は独立したのスレッドにあります)。せっかくなので、ちょっとの話題でも拾っておきます。

懸架式モノレール:あれって全世界的には珍しいものなのかしら? 珍妙な列車って感じで話題になって、しかも、評判はあまりよろしくない。まあ、土地の少ない日本独自のスタイルって感じなのかもね。英語では"sky trolly"とか言うらしい。

生駒ケーブル:ここにあんなとんでもない車輌が走っているとは知らなかった。まさしく"この世のものと思えない"列車ってことで全世界的に有名になってしまいましたぜ。

ムービーは movieではない:いわゆるYouTubeなどにある『動画』ですが、英語では"video"と言います(略して vidとも)。Trainzでも、多くの動画が作られていますが、Forumを見ていても、movieという言葉は見当たりませんね。たぶん、movieと言っても通じないんじゃないかな……確証はないんで、誰か試しに言ってみるのも一興かと(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)